「国道4号であおり運転受けている」 酒気帯び運転疑い男逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島北署は10日午後0時15分ごろ、酒気帯び運転の疑いで福島市、自称除染作業員、容疑者男(53)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前11時25分ごろ、同市の福島北署前の県道で、酒気帯びの状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると「国道4号であおり運転を受けている」との110番通報を受けて同署前で検問をしていた署員が容疑者の車を発見。停止させたところ、酒気帯び運転が発覚したという。