郡山のまちづくり、意見提言 東京で市フロンティア大使懇談会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
出席した大使ら

 郡山市は7日、東京・千代田区で市フロンティア大使との懇談会を開いた。大使を務める同市ゆかりの著名人と品川萬里市長らが意見を交わした。

 各界で活躍する大使の意見を今後のまちづくりや魅力発信に生かそうと毎年開催している。大使17人のうち、作曲家の湯浅譲二さんやモントリオール五輪柔道銅メダリストの遠藤純男さん、ベトナム国立交響楽団音楽監督・首席指揮者の本名徹次さんら10人が参加、品川市長や佐藤政喜市議会議長らと意見を交わした。

 大使からは音楽や観光、地域活性化、食の魅力発信などに関する提案があった。