「和食のプロ」に学ぶ 三春中で出前授業、生徒が調理実習

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
斎藤さん(左)から調理のこつを学ぶ生徒たち

 三春中は9日、三春町の同校で「和食のプロに学ぶ料理教室」を開き、生徒たちが地産地消の大切さや調理のこつを学んだ。

 文部科学省「つながる食育推進事業」の一環。食習慣の自己管理能力育成を目的に企画した。同校の生徒約25人が参加。

 ホテル華の湯(郡山市)総料理長の斎藤正大さんが講師を務めた。

 斎藤さんは「おせち料理から日本文化を学ぼう」のテーマで講義した。

 生徒たちは「三の重 煮しめ」と「サバの照り焼き」の調理実習に取り組んだ。