「外来生物」特徴や防除方法など解説 福島医大・エコチル調査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島医大エコチル調査福島ユニットセンターは10日、郡山市で環境セミナーを開き、参加者が外来生物に理解を深めた。

 子どもの健康と環境に関する全国調査「エコチル調査」に参加している保護者ら約30人が受講。世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の松浦麻子さんが講師を務め、アライグマなど外来生物の特徴を説明した。

 また在来生物の生態系に影響を及ぼす場合の防除方法や、外来生物と人間の生活との関わりなどについて解説した。