教育旅行の誘致強化へ 南会津4町村が協定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
協定書に署名した(右から)星町長、大宅町長、菅家町長、星村長ら

 南会津地方の南会津、下郷、只見3町と檜枝岐村は11日までに、同地方の教育旅行に関する協定を締結、教育旅行への学校誘致や受け入れ態勢強化の促進を図ることを確認した。

 協定では、4町村一体で学校誘致を行うほか、農家民泊の広域連携などを実施することとし、今月下旬からインターネット上に教育旅行専用ホームページを開設する。

 仙台市や首都圏、関西方面へのPR強化を図り、新年度は震災以前の水準である8万2千人、25年度には12万3千人の受け入れを目指す。

 協定締結式は、南会津町の南会津地方広域行政センターで行われ、大宅宗吉南会津町長、星学下郷町長、菅家三雄只見町長、星光祥檜枝岐村長がそれぞれ協定書に署名した。