感謝込めて「針供養」 郡山・今泉女子専門学校

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
曲がったり、折れたりした針に感謝の気持ちを込め供養する生徒ら

 郡山市の服飾専門学校、今泉女子専門学校は8日、同校で古くなった針を供養する針供養祭を行い、生徒が日ごろ使っている針に感謝し、和裁や洋裁の技術向上を誓った。

 針供養は、折れた手縫い針などをこんにゃくや豆腐など軟らかいものに刺していたわる行事。同校では針仕事を休むとされている2月8日に毎年行っている。

 生徒約50人は自作の衣装を身にまとい、感謝の気持ちを込めて、花で飾られた豆腐に曲がった針や折れた針を刺した。

 専門課程ファッションクリエイトコース4年の木内怜菜さんは「折ってしまった針への感謝の気持ちを忘れずに、高度な技術を身に付けていきたい」と話した。