司馬遼太郎をしのぶ ゆかりの会津若松、文学碑前で献花祭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
司馬遼太郎文学碑に菜の花を献花する林会長

 会津を舞台にした歴史小説「王城の護衛者」や「歴史を紀行する」などを執筆し、会津にゆかりが深い作家司馬遼太郎の命日に合わせ、会津若松市の鶴ケ城三の丸司馬遼太郎文学碑前で12日、献花祭が行われた。

 関係者が司馬がこよなく愛した菜の花を献花し、司馬が残した功績をしのんだ。

 同文学碑は、在京の会津出身者などでつくる会津会や司馬ファン、報道関係者などの寄付で2013(平成25)年11月に建立された。

 文学碑には自然石「磐梯石」を使い、「会津藩というのは、封建時代の日本人がつくりあげた藩というもののなかでの最高の傑作のように思える」(「歴史を紀行する」より)などの文字が刻まれている。

 献花祭は6回目で、これまでは会津若松商工会議所が主催してきたが、5年の節目を迎えたこともあり、今回から会津松平家奉賛会(林健幸会長)に引き継いだ。

 献花祭では、林会長、宮森泰弘同文学碑実行委員長らが次々に菜の花を献花した。