カッター見せ「あおり運転」 酒気帯び運転容疑の男を再逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市であおり運転をした際にカッターナイフを見せて脅したとして福島北署は12日午前10時45分、暴力行為法違反の疑いで福島市、自称除染作業員、容疑者男(53)=酒気帯び運転容疑で逮捕=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は10日午前11時10分ごろ、同市本内の国道4号で前を走る同市の男性(48)の車に極端に接近するなどのあおり運転をした際、軽乗用車の窓から手を出してカッターナイフを見せ、男性や同乗の家族3人を脅した疑い。

 同署によると、男性と容疑者は国道4号を北に向かって走っていた。あおり運転をされた男性は110番通報して福島北署へ向かった。

 同署は同市飯坂町平野の同署前の県道で検問して容疑者を発見、職務質問したところ酒気帯び運転が発覚し、現行犯逮捕した。容疑者のあおり行為は検問で停止するまで5キロ以上にわたって続いたとみられる。