「浜・中・会津」友好交流協定を締結へ 広野、平田、西会津

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 広野、西会津両町と平田村は3月、「浜・中・会津友好交流協定」を締結する。3地域の自治体間で、教育、文化、産業など幅広い分野で協力体制を構築する。

 12日の広野町議会全員協議会で示された。平田村は議会の視察研修などをきっかけに西会津町と交流。広野町は東京電力福島第1原発事故の際に、町民の一部が平田村に避難したことから同村との交流が始まった。こうした経緯を踏まえ、3町村で幅広い交流を持とうと協定を結ぶ。

 締結は同月9日を軸に調整しているという。締結後は、各地域の歴史や伝統、文化を次世代に引き継ぐための事業などを実施していく方針。また、町村をまたぐ災害が発生した場合の協力体制も強化する。