特産品など41社が出展 中合福島で「四国の物産と観光展」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島市の中合福島店で始まった「四国の物産と観光展」

 四国4県の特産品や工芸品を集めた「四国の物産と観光展」は13日、福島市の中合福島店で始まった。旬の甘平や文旦をはじめ、特産品や菓子が会場に並び、大勢の来場者が買い求めた。

 食品や真珠・工芸の計41社が出展。かつおわら焼きたたき、かんきつ類、讃岐うどん、フィッシュカツ、銘菓など四国の味覚が勢ぞろいしている。愛媛県の真珠のアクセサリー、今治タオルなども並ぶ。

 16日までは先着200人に日替わりで各県の産品をプレゼントする。16日午前11時と午後2時には阿波おどりを披露。初日の13日には徳島県の鳴門うずしお大使の池渕澄玲さんが来店し、四国をPRした。

 会期は19日まで。時間は午前10時~午後7時(最終日は同5時)。