ボーカルグループ「GReeeeN」郡山市フロンティア大使委嘱

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
品川市長から委嘱状を受けた町田副社長(右)

 郡山市は13日、同市ゆかりの4人組男性ボーカルグループ「GReeeeN(グリーン)」を市フロンティア大使に委嘱した。

 第1弾の連携事業として「3・11復興の灯火(ともしび)プロジェクト」と銘打った復興イベントを3月10、11の両日、GReeeeNにちなんだ扉型のモニュメントがある同市のJR郡山駅前西口広場で開催する。4人の復興への思いを、同市の伝統工芸品、海老根伝統手漉(てすき)和紙に書いてもらい、この和紙を使った灯籠をモニュメント周辺に配置。地元小学生らの灯籠とともに点灯する。点灯時間は両日とも午後5時30分~同8時30分の予定。

 委嘱状交付式は同市役所で行われ、品川萬里市長が、所属事務所であるハイスピードボーイズ(東京)の町田晋副社長に委嘱状を手渡した。GReeeeNからのメッセージも披露された。

 GReeeeNは、メンバー全員が県内の大学の学生だった2007(平成19)年にデビュー。歯科医師免許を持ち、医療との両立を考えてメディアなどには顔を出さずに音楽活動している。市はこれまでに、各界で活躍する同市ゆかりの著名人17人を市フロンティア大使として委嘱しており、グループへの委嘱は初めて。