伝統野菜の魅力紹介 栽培講座やそば打ち、いわきでフェス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
そば打ちを実演するいわきそば塾のメンバー

 いわき昔野菜保存会は14日までに、いわき市の中央台公民館でいわき昔野菜フェスティバルを開き、栽培講座やそば打ちなどを通じ、いわきの伝統野菜の魅力を参加者に伝えた。

 いわきの伝統的な食生活を支えてきた伝統野菜を市民に知ってもらおうと毎年開いている。市民ら約70人が参加。

 同会の川内一浩副会長が伝統野菜の栽培方法などを説明したほか、同市のそば打ちサークル「いわきそば塾」のメンバーが、田人地区で約150年栽培されているというソバを使った手打ちそばを来場者に振る舞った。