住宅3棟全焼で2人死亡 民家から出火、インドネシア人女性不明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
激しく燃える家屋=15日午前3時25分ごろ、柳津町

 15日午前2時40分ごろ、柳津町の民家から出火、木造2階建て住宅と、隣接する木造2階建て住宅2棟の計3棟を全焼し、火元の民家から2人の遺体が見つかった。火元の民家に住むインドネシア国籍で20~30代の会社員女性5人のうち、27歳と30歳の2人と連絡が取れなくなっており、会津坂下署は遺体はこの2人の可能性が高いとみて身元の確認を急いでいる。

 5人は、同町に工場のある安全靴製造の従業員。同社によると、行方不明の2人はインドネシアにある同社の現地法人から出向し、柳津工場で働いていた。火元の民家は借り上げ社宅で、2人は昨年2月に入居した。出火当時、逃げ出した3人は1階、行方不明の2人は2階で寝ていたという。

 消防関係者によると、1階中央の居間付近の燃え方が激しく、火元とみられる。居間周辺では2人の遺体と、こたつが見つかった。2階部分は崩落していた。住宅用火災警報器は設置されていたとみられる。

 出火に気付いた隣の家の男性が119番通報した。火災は火元の向かいの民家にも延焼し、木造2階建ての一部を焼いた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補