鶴ケ城彩る「アイヅテラス」開幕 冬の会津演出!幻想的な世界

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
冬の鶴ケ城を幻想的に彩るイルミネーション

 会津若松市の鶴ケ城本丸をLED(発光ダイオード)のイルミネーションで彩る「アイヅテラス 体感!光の杜(もり)ミュージアム」が15日、開幕した。同市や会津まつり協会などでつくる実行委の主催。3月3日まで。冬季の観光誘客が目的で、今回で3度目。

 雪つりされた本丸内の松の木をブルーのイルミネーションで飾り、冬の会津を演出している。イルミネーションのほか、航空写真家の叶悠真さん撮影の会津の四季を写した写真や、絵ろうそくに描かれる花模様などが地面に投影され、来場者を魅了している。

 点灯時間は午後6時~同8時(金、土曜日は同9時まで)。