「農山漁村の宝」優良団体に白河・大信 モニターツアー展開で成果

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
交流事業の一環として餅つきを行う参加者ら

 白河市の大信地域交流促進協議会が、東北農政局の「ディスカバー農山漁村の宝」で優良団体に選ばれた。同協議会の塩田芳美会長らは14日、白河市役所を訪れ、鈴木和夫市長にこれまでの活動や優良団体選定を報告した。

 「ディスカバー農山漁村の宝」は、農山漁村の潜在能力を引き出し、地域活性化や所得向上などに取り組む優良事例などを選定、全国に情報発信を行う。

 同協議会は県内外の親子らを同地域に招待し、ボルダリングや稲刈り、郷土料理体験、地元住民と交流を図るモニターツアーなどを展開している。

 塩田会長らは、これまでの活動の成果を説明し「さらなる地域の発展に努めたい」と述べた。鈴木市長は「県外と交流を持つことは地方にとって重要。今後の活動に期待したい」とたたえた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区