元気にフルスイング! 福島で「ティーボール」教室

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ティーボールを楽しむ子どもたち=16日午後、福島市・十六沼運動公園体育館

 ボールをティーにのせて野球のようにバットで打つ「ティーボール」の教室が16日、福島市で開かれた。

 東京五輪野球・ソフトボール競技の同市開催に向け機運を高め、親子に元気に体を動かしてもらおうと福島民友新聞社と同市私立幼稚園協会、東北復興ソフトボールアカデミーでつくる実行委員会が主催した。幼稚園児や小学生と保護者ら約100人が参加した。

 子どもたちは、東京理科大名誉教授で同アカデミー理事長の丸山克俊さんの指導を受け、勢いよくバットを振った。同市の鎌田小1年児童(7)は「うまくできた。楽しかった」と笑顔で話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区