将棋予選リーグ熱く いわきで支部対抗戦、名人戦が開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわき新舞子ハイツで開幕した第48回支部対抗戦、名人戦(県大会)

 将棋の第48回支部対抗戦、名人戦(県大会)は16日、いわき市のいわき新舞子ハイツで開幕した。初日は対抗戦と名人戦の各予選リーグが行われ、個人の名人戦決勝トーナメントに出場する10人が決まった。

 日本将棋連盟県支部連合会、福島民友新聞社の主催、読売新聞東京本社福島支局、福島中央テレビの後援、同連盟いわき中央支部の主管。

 県内13支部から60人が出場。初日は三段以下の3人一組のチームによる対抗戦(団体)、段位制限なしの名人戦(個人)の予選リーグを行った。最終日の17日は、対抗戦の予選リーグと決勝トーナメント、名人戦の決勝トーナメントを行う。

 対抗戦の優勝支部と名人戦優勝者は県代表として、4月19~21日、東京都のKFCホールで開かれる東地区大会に派遣される。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区