新巡視船「なつい」入港 いわき・小名浜港、災害対応能力強化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小名浜マリンブリッジをくぐり、小名浜港に入港する巡視船「なつい」

 福島海上保安部(大達弘明部長)は16日、いわき市の小名浜港第1埠頭(ふとう)で新しい中型巡視船「なつい」の入港式と関係者向け内覧会を行った。災害対応能力を強化させた新造船で、今後、海上巡視、災害対応などで活動する。

 新しい「なつい」は全長約72メートル、幅約10メートル、総トン数約650トン。旧型の約2倍の重量で、災害時の物資輸送に使うコンテナは、以前より大型のものの運搬が可能になった。また、海難救助や海上警備などで活躍する警備救難艇を新たに搭載した。

 入港式では御沢兼三船長が入港報告し、大達部長が「海難救助などで的確に対応できるよう、訓練に取り組んでほしい」と訓示した。

 「なつい」は17日、一般公開される。時間は午前10時~正午、午後1時~同3時。予約不要。