バスと電車乗り放題「ふくしま三湯物語」 福島・3温泉地巡る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
出発を見送り周遊券の販売開始を祝う出席者ら

 福島市の飯坂、土湯、高湯の3温泉地を巡るバスと電車が乗り放題になる「ふくしま三湯(さんとう)物語」の出発式が16日、同市の福島交通飯坂温泉駅で行われ、出席者が周遊券の販売開始を祝った。

 木幡浩市長が「雪道も安全にゆったり楽しめる。冬の福島で温まってほしい」と式辞。茅原稔福島交通執行役員福島支社長があいさつし、畠隆章飯坂温泉観光協会長が祝辞を述べた。関係者によるテープカットの後、木幡市長らを乗せたバスが出発した。

 ふくしま三湯物語は、福島駅から3温泉地までの路線バスと電車、3月17日まで期間限定で運行する「飯坂―高湯」「土湯―高湯」の周遊バスが乗り放題のお得な券。福島交通窓口と3温泉の観光協会で扱う。

 1日券2000円、2日券2500円で、3温泉の入浴券セットは1300円増し。ここら吾妻店と四季の里で特典を受けられる。問い合わせは福島交通福島支社へ。運行時刻やモデルコースなど詳細は「福島バス物語」のホームページへ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補