俳優・オダギリジョーさん、長編映画初監督作ロケ地「霧幻峡」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「霧幻峡」で映画を撮影するオダギリさん

 金山町三更地区周辺の「霧幻峡」が、俳優のオダギリジョーさんの長編初監督作となる映画「ある船頭の話」のロケ地となっていたことが16日までに、関係者への取材で分かった。

 映画は、船頭を仕事とする一人の男の人生を描いた作品。柄本明さんが主演で、9月に全国公開予定。「霧幻峡」のほか新潟県阿賀町がロケ地となり、1月にクランクアップした。

 オダギリさんは映画製作に当たり「『本当に人間らしい生き方とは?』。美しい日本の原風景を季節とともに切り取り描きたい」とコメントしている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補