GAP認証農産物どうぞ いわきで試食会と認知度を調査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
試食会とアンケートでGAPの認知度を確かめたフェア

 GAP(農業生産工程管理)の知名度向上へ取り組みを進めるいわき地方GAP推進協議会は16日、いわき市のスーパー・マルトSC高坂店などで、GAP認証取得イチゴやトマトの試食会を開いた。

 同推進協はJA福島さくらいわき地区本部や県いわき農林事務所、市、マルト商事、平果、パルシステム福島で組織している。GAPフェアとして11~17日、市内のマルト7店舗で認証取得トマトなどを扱った。

 試食会は高坂店と中岡店の2店舗で実施。国内認証「JGAP」を取得した市内のサンシャイントマト出荷協議会のトマトと、本県の「FGAP」を取得したJA福島さくらいわきいちご部会高設栽培研究会のイチゴ「ふくはる香」を提供し、アンケートでGAPの認知度を聞いた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補