残った料理をリメーク もったいない食品ロス、会津若松で講座

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
残った食材再利用を学ぶ参加者

 会津若松市3R運動推進会議と同市は17日までに、エコ料理講座「もったいない食品ロス」を同市の会津稽古堂で開き、参加者が地球環境に配慮した食生活の大切さを学んだ。

 まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」を減らすのが狙い。

 管理栄養士の松谷祐子さんが、残った料理をリメークしたレシピを紹介。参加者はカボチャの煮物を使ったパンプキンサラダなどを完成させた。コープあいづの新山敦司さんの講演も行われた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補