福島南・国際文化2.31倍、福島1.24倍、安積1.13倍 県立高2期選抜

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県教委は18日、県立高校入試2期選抜(学力検査)の出願受け付けを締め切った。全日制の志願倍率は外国語教育に重点を置く福島南・国際文化が231倍で1期選抜(自己推薦)に続き最も高く、会津工・セラミック化学も2.05倍と2学科で2倍を超えた。普通科は福島124倍、安積113倍、磐城119倍などで、会津は096倍と定員割れした。

 きょうから変更受け付け

 県教委は19~21日、1人1回に限って出願先の変更を受け付け、21日に各校の最終倍率を確定する。2期選抜は3月7日に行い、同14日に合格者を発表する。2期選抜は来年から1期選抜と一本化して全員に学力検査を課す「前期選抜」に移行するため、現制度での実施は最後となる。