福島県の魅力、6秒にギュッ! PR動画、大型ビジョンで放映へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
PR動画の「朝ラー文化編」

 6秒で福島県の魅力を伝える動画「もっと 知って ふくしま!」が完成し、県は18日、動画投稿サイト「ユーチューブ」や特設サイトで公開を開始した。内堀雅雄知事が同日の定例記者会見で発表した。

 動画は全25本。軽快な音楽に合わせて「朝ご飯にラーメン。喜多方なら朝ラー!」「ハシじゃなくネギで食う。パンク。ネギそば!」「民謡『会津磐梯山』は162番まである」など、本県の基礎知識や食、文化の魅力をふんだんにまとめた。

 県クリエイティブディレクターの箭内道彦氏(郡山市出身)が監修、イラストレーターの寄藤文平氏が作画と監督を担当した。動画の放映は自治体や家電量販店などが放映協力し、3月以降に大型ビジョンなどで順次放映する予定。このほか3月上旬から東京都内のJR山手線の車内モニターや渋谷駅前の大型ビジョンで放映する。

 内堀知事は「6秒の動画で福島を知ってもらい、福島のファンになってもらいたい」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区