つるの剛士さん、円谷監督への思い語る 須賀川でトーク

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
円谷監督への思いなどを語るつるのさん

 須賀川市が17日に市役所で開いたイベント「円谷英二とウルトラマン」では、「ウルトラマンダイナ」で主人公アスカ・シン役を演じた、タレントつるの剛士さんがトークショーを繰り広げ、故円谷英二監督(同市出身)への思いなどを語った。

 つるのさんは、ウルトラマンを生み出した円谷監督について「素晴らしい作品を残し、われわれに夢をくれた。円谷監督がいなければ、自分がウルトラマンになることもなかった」と語った。

 また、自身が幼稚園児の時、七夕飾りの短冊に「ウルトラマンになりたい」と夢を託したエピソードなどを紹介した。「本当になってしまった。男の子として光栄だった」とユーモアあふれる語り口で会場を盛り上げた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補