民家に連続放火か 郡山北署、器物損壊事件で捜査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 20日午前0時30分ごろ、郡山市喜久田町、無職の男性(69)方から出火、敷地内に置かれていたブルーシートを焼いた。郡山北署は何者かが火を付けた疑いがあるとみて、器物損壊事件として調べている。

 17日には男性方の外壁の一部を焼く火災があった。同署は現住建造物等放火未遂事件として調べるとともに、連続放火の可能性もあるとみて関連を捜査している。

 同署と郡山地方消防本部によると、ブルーシートは男性方の裏手にあり、タイヤ4本を覆っていた。近隣住民の男性が119番通報し、近隣住民の男性の妻が消火した。

 現場は人通りの少ない住宅密集地。同署は周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして捜査している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補