元福島県弁護士会長・小池氏、日弁連副会長へ 会津地区から初

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 元福島県弁護士会長の小池達哉弁護士(51)=会津若松市=が日本弁護士連合会の副会長に就任する見通しとなったことが20日、分かった。県弁護士会所属の弁護士が日弁連副会長に就くのは24年ぶり、2人目。会津地区からは初めて。

 小池氏は東北ブロックの副会長候補選挙に立候補し、無投票で当選した。3月に開かれる日弁連の代議員会で副会長就任が承認される見通しだ。任期は4月1日から1年。

 小池氏は会津若松市出身。会津高、東北大法学部卒。1994(平成6)年に弁護士登録。県弁護士会では副会長、総務委員長などを歴任した。97年9月に会津鶴城法律事務所を開設。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補