車麩ラスク「レモン&オレンジ」限定販売 道の駅で西会津高生

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
かんきつ系の味が特徴の車麩ラスク「レモン&オレンジ」

 西会津高の生徒でつくる「西高魅力発信隊」は22日、西会津町の道の駅にしあいづで、同町の特産品「車麩(ふ)」を加工したオリジナルラスクの新風味「レモン&オレンジ」を限定販売する。同校2年の斎藤月菜(るな)隊長(17)ら隊員11人は「町内外の多くの人に食べてもらいたい」と当日、店頭に立ってPRする。

 同隊の車麩ラスク開発は2015(平成27)年度からスタート。地域教育に取り組む「i.club(アイクラブ)」と連携し、生徒らがアイデアを出し合いながら商品を開発した。地元の上野菓子店の協力で、これまでに「バターシュガー」「ほうじ茶」「コーヒー牛乳」の3種類の味を発売している。

 「レモン&オレンジ」はオレンジ、レモンのピールをトッピングし、爽やかな酸味とかんきつ系の香りが特徴。生徒らは19日、同校で完成発表会を開き、開発経過を説明し「これからも、活動を楽しみながら町の魅力を発信していきたい」と話した。

 「レモン&オレンジ」は22日のみの販売で、1枚180円(税込み)。限定200枚を販売する。同日午後3時30分から、同隊の生徒が店頭でPR活動する。

 問い合わせは同道の駅(電話0241・48・1512)へ。