開発商品や技術紹介 福島で県ものづくりフェア

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
県内企業の新商品が紹介されたフェア

 福島県内企業が開発した商品や技術を紹介する「福島県ものづくりフェア」が21日、福島市のエスパル福島で開かれた。参加者が開発成功の秘訣(ひけつ)を学んだ。

 東工業(白河市)の3Dコースターや、トライ金型(南相馬市)の自立するつえなど、産学官連携による開発商品や技術が展示された。

 基調講演では、山本秀策弁理士(山本特許法律事務所)と東北大大学院の堀切川一男教授が登壇した。山本弁理士は市場での優位性を得るために、どのように特許を使いこなしたらいいのかを解説した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補