福島県がオンラインショップ開設 県産品、海外販路拡大へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
イーベイの「ふくしまプライム」のバナー

 県は22日、インターネット通販を通じて海外の消費者に商品を送る「越境EC」を活用し、県産品を販売するオンラインショップ「ふくしまプライム」を開設した。海外への販路拡大を目指す県内事業者の商品販売を後押しする。ショップでは加工食品や工芸品、日本酒など計52点を販売する。

 オンラインショップを開設したインターネットのショッピングモールは「eBay(イーベイ)」と「ippin mall(イッピンモール)」。イーベイは、売上高が世界2位で、利用者は約1億7千人。イーベイでは、甘酒や麺類などの加工食品や会津塗などの工芸品を販売。主な販売対象国・地域は、米国、欧州連合(EU)、香港、台湾など。

 酒類はイッピンモールで販売。イッピンモールは、ベンチャー企業シー・コネクト(東京)が運営するインターネットショッピングモールで、アルコール類の取り扱いに強みがあるという。主な販売対象国・地域は、香港、シンガポール、台湾、オーストラリア。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区