福魂祭に中学生バックダンサー登場 小柳ゆきさんらライブに花

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
バックダンサーを務める(左から)大内さん、熊田さん、遠藤さん

 郡山市の大内梨央さん(喜久田中1年)、熊田美緒さん(明健中1年)、遠藤麗稚(らいち)さん(安積中1年)が3月11日、同市のビッグパレットふくしまで開かれる復興イベント「福魂祭(ふっこんさい)」のアーティストライブでバックダンサーを務める。3人は「福島の復興を願いながら、全力で踊って会場に花を添えたい」と意気込む。

 小柳ゆきさんらアーティスト約20組によるライブでは、県内の幼稚園児~高校生、300人以上がバックダンサーとしてステージに立つ。このうち大内さん、熊田さん、遠藤さんの3人は歌手のmisonoさんやヒップホップグループ「ET―KING」のステージを支える予定。

 3人は限られた練習時間の中で、自宅で自主練習も取り入れ調整しているという。「いいステージをつくりたい」と力強く語った。