福島牛や県産米、加工品など販売 クイーンズ伊勢丹でイベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
24日まで開かれている県産品販売イベント

 クイーンズ伊勢丹の首都圏14店舗は24日まで、県産米や福島牛などを販売するイベントを開いている。

 クイーンズ伊勢丹は、風評払拭(ふっしょく)に取り組む東京電力の働き掛けで2017年12月、震災後初めて県産米の試食販売会を開催。来店者に好評で、その後も販売会を継続している。今回は「東北うまいもの市」に合わせて実施した。

 販売されているのは福島牛や県産米のほか、麓山高原豚、馬刺し、喜多方ラーメン、加工品など約40品目。県産品が当たる抽選会も開いている。

 クイーンズ伊勢丹笹塚店の尾崎篤店長は「これだけの福島県産品を取り扱うのは初めて。お客さまの反応も良く、今後も他県産と同様に取り扱っていきたい」としている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補