「郡商いちごパン」など県中の逸品紹介 福島でどまんなか物産展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
クリームボックスといちごを組み合わせた「郡商いちごパン」

 県中で生まれた新商品や隠れた逸品を紹介する「春だ一番!どまんなか物産展」は23日、福島市の県観光物産館で始まり、大勢の買い物客でにぎわっている。24日まで。

 県の県中地方振興局が事務局を務める「ふくしまど真ん中!元気プロジェクト」の主催。郡山商高商業研究部が開発したオリジナル商品を販売。「郡商いちごパン」は郡山のご当地パン「クリームボックス」といちごを組み合わせた逸品で、250円(税込み)。生徒たちがブースで販売を担っている。

 玉川村のさるなしを使ったジュースや、須賀川市産のぶどうを使ったワインなども販売している。

 24日は午前9時30分~午後5時30分。郡山商高のオリジナル商品は売り切れ次第販売終了となる。