リンゴ「べにこはく」試食 福島県オリジナル新品種、魅力に理解

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「べにこはく」やその加工品を味わう参加者

 福島市のリンゴ生産者でつくる福島りんご研究会(阿部幸弘会長)は21日、同市のザ・セレクトン福島で新品種のリンゴ「べにこはく」の試食会を開き、参加者が同品種の魅力に理解を深めた。

 約60人が参加した。べにこはくは昨年6月に品種登録された本県オリジナルのリンゴで、色鮮やかな紅色と煮くずれしにくい果肉、豊かな酸味が特徴。

 試食会では生のリンゴやジュースのほか、福島明成高、橘高、福島西高の生徒が考案したジャムやクッキー、ケーキなどの加工品7品を試食した。