「筆の文殊」に合格願う 会津美里、受験生や家族らでにぎわう

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「学問の仏様」に参拝する高校生ら

 「学問の仏様」として知られる会津美里町の文殊院清龍寺で25日、「文殊大祭」が行われ、合格を願う受験生や家族らでにぎわった。

 同寺は「筆の文殊」といわれ、墨の亀岡(山形)、和紙の天橋立(京都)とともに日本三大文殊の一つに数えられる。

 文殊大祭は毎年2月25日に行われており、受験シーズンと重なることから、福島県内外から多くの参拝者が訪れる。この日は多くの参拝者が訪れ、知恵を授かろうと手を合わせた。