「こけし作り」魅力体験 福島東稜高生、県PR動画作成へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
こけし作りを取材した生徒たち

 福島東稜高特別進学コースの探求学習が福島市の土湯温泉などで行われ、生徒たちが県内の観光資源について理解を深めた。

 海外向けの県PR動画を作成するための課外学習で、23日に実施。「こけし」、「スキーリゾート」、「凍み天」の三つのテーマに基づいて、それぞれの場所で取材と撮影をした。このうち土湯温泉まつや物産店では、工人の阿部国敏さんから作り方や特徴について教わった。生徒たちも実際にこけし作りを体験した。

 動画は英語の字幕入れなど編集作業をして3月までに完成させる予定。