杉本彩さん「動物福祉の向上重要」 福島でトークセッション

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
意見交換を行う杉本さん(右から2人目)ら

 NPO法人SORAアニマルシェルター(二階堂利枝代表理事)は24日、福島市のラコパふくしまで動物の幸せを話し合うイベント「アニマルトークセッション」を開き、参加者が殺処分を減らす方策などについて考えを深めた。

 タレントで動物愛護活動家の杉本彩さんらが講演した後、二階堂代表理事や獣医師で福島獣医師会副会長の河又淳さん、ペット信託の普及などに取り組むコンサルタントの長谷川健さんらが加わりパネルディスカッションを行った。

 杉本さんは「あまりに強引に殺処分ゼロだけを追い掛ければ、動物にしわ寄せが行く。殺処分が減っても、動物福祉の向上が伴わなければ意味がない以上、どのような背景で処分数が減ったか、なぜゼロになったかを見るべき」と提言した。

 二階堂代表理事は「福島県は全国的に見ても殺処分数が多い。福島の一人一人が、本気になって考えなければ減らせないレベルまで来ている」と警鐘を鳴らした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補