ホームセンター140店舗へ 22年にダイユーリックHD

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ダイユー・リックホールディングス(HD、福島市)は2022年にホームセンターを140店舗に拡大する「中期ビジョン」に新年度から取り組む。年間3~5店舗の新規出店に加え、既存店の改装や活性化も積極的に進め、商品販売力を強化する。浅倉俊一社長が1日、郡山市で開いた取引先懇談会で示した。

 同HDは4月1日付で、東海地方でホームセンターなどを展開するバローホールディングス(バローHD、岐阜県)とホームセンター事業を統合。バローHDの完全子会社であるホームセンターバローが、ダイユーリックHDの子会社となる一方、ダイユーリックHDはバローHDの連結子会社となり、「アレンザホールディングス」に商号を変更する。浅倉氏はアレンザHD社長に内定している。

 浅倉氏は、アレンザHDグループとして30年に売上高3千億円を目指す計画を提示し、実現に向けた中期ビジョンを説明した。同ビジョンにはホームセンターの店舗戦略のほか、ペットショップについても年5店舗以上の新規出店などを進め、22年に120店舗とすることを盛り込んだ。

 懇談会には全国から約1100人が出席。浅倉氏は19年度の経営方針についても説明し「経営統合、資本提携による相乗効果を創出するため経営方針を実践していきたい」と述べた。