次は「箱根」で 全国駅伝3位の学法石川選手、県内高校で卒業式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新たな舞台での健闘を誓い合う(左から)櫛田さん、小指さん、横田さん、大塚さん、国分さん=学法石川

 福島県内各高校で1日に行われた卒業式では、スポーツで活躍した卒業生たちが新たな目標に向かって進みだした。

 昨年12月の全国高校駅伝で県高校記録を2分近く塗り替え、3位入賞を果たした学法石川陸上部の男子部員たちは、互いにこれからの健闘を誓い合いながら新たなステージに一歩を踏み出した。

 主将を務めた横田俊吾さんは「つらいときもあったが、周囲の支えで乗り越えられた」と切磋琢磨(せっさたくま)した3年間を振り返り「(進学する青山学院大は)選手層が厚いが、どこまでできるか試し、いずれは世界を視野にトップレベルの走りをしたい」と決意を語った。

 初優勝を飾った全国都道府県駅伝の代表として活躍した小指卓也さん(早大進学)は「まずはトラックで結果を出し、駅伝でチームの力になれるよう4年間で積み上げていきたい」、櫛田佳希さん(明大進学)は「焦らず、先輩たちに少しずつ追い付き強くなる」と闘志を燃やす。

 国分駿一さん(東海大進学)は「箱根駅伝を制した強い先輩たちから良いところを吸収し、学石の強さをみせたい」、大塚稜介さん(東農大進学)も「チームが箱根駅伝に出場するきっかけをつくるような存在になりたい」と意気込む。

 ともに都大路でたすきをつないだ仲間が、次は「箱根」のライバルとなる。