民事訴訟名目なりすまし詐欺 会津若松・60代男性30万円被害

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津若松市の60代の無職男性が、民事訴訟の取り消し手続きを名目に30万円をだまし取られていたことが1日、会津若松署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件として調べている。

 同署によると、同日午前2時ごろ、男性の携帯電話に「サイト利用料の契約不履行があり、民事訴訟を開始する」とメールが届いた。

 男性が記載された電話番号に電話すると、男から「訴訟取り消しに30万円分の電子マネーギフトカードが必要」などと言われた。

 話を信じた男性は、同市のコンビニエンスストアの2店舗で計30万円分のギフトカードを購入し、電話で男にカードを利用するためのID番号を伝えた。

 さらに50万円分のギフトカードを購入するよう言われ、訪れた市内の銀行で職員が不審に思い同署に通報した。電話で伝えたギフトカードIDのうち、25万円分が既に使われていたという。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補