『朝ドラ』決定!古関ファン集う初週末 福島・古関裕而記念館

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
古関ファンをはじめとする来館者が訪れた古関裕而記念館=福島市

 NHK朝の連続テレビ小説「エール」の制作発表から初の週末となった2日、福島市の古関裕而記念館には古関ファンをはじめとする来館者が訪れ、早くも朝ドラ効果が表れた格好だ。

 館内整備で1日は休館したため、2日が制作発表後の"初日"。来館者は50人を超え、団体客がいない中で、通常の土曜日を上回った。東京都や神奈川県、愛媛県など県外から来た人もいた。JR福島駅前で新聞の号外をもらったという神奈川県の60代夫婦は「温泉を楽しんだ後で足を延ばした。『栄冠は君に輝く』など知っている曲をたくさん作曲していて驚いた」と話し、時間をかけて見学した。

 会沢和夫館長は「受付で来館者に『ニュース見ました』『おめでとうございます』と言われた。これからますます来館者が増えれば」と楽しみにした。

 3日は古関裕而愛用のオルガンの生演奏で、古関の作曲歌を合唱するイベントが開かれる。時間は午前11時30分~午後1時で無料。