矢吹の家庭料理、レシピ帖を紹介 道の駅やぶきでシンポ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
レシピ帖で紹介されている逸品を試食する関係

 矢吹町の国道4号沿いに建設を予定する「道の駅やぶき」のシンポジウムが3月5日までに同町文化センターで開かれ、関係者が道の駅開設に向けて機運を高めた。

 道の駅やぶき地域協議会の主催。約150人が参加した。東京農大教授の長島孝行特産品開発等推進部会長が、同町の優れた家庭料理を紹介する「やぶきごはんレシピ帖」を説明した。レシピ帖は、昨年11月に開かれた「やぶき食卓博覧会」で町民からレシピを募り、小冊子としてまとめた。レシピ帖に掲載された料理などの試食会も開かれた。

 パネルディスカッションでは、野崎吉郎町長と長島教授、町お米PR大使の大桃美代子さんら関係者が道の駅開設に向けて意見交換した。町で行われている田んぼの学校などの取り組みなども報告された。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補