復興支援、ピアノで「感謝」 被災3県、3月11日の同時刻に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
市民の憩いの場となっている郡山市のドリームピアノ=郡山市・うすい百貨店

 東日本大震災から8年となる11日、全国に設置され市民が自由に弾ける「ストリートピアノ」のつながりを生かしたコンサートが福島県郡山市のうすい百貨店で開かれる。同じ被災地の南三陸さんさん商店街(宮城県南三陸町)、大船渡防災観光交流センター(岩手県大船渡市)と同じ時刻に開かれ、復興に向けた全国からの支援に感謝を伝える。

 郡山市のストリートピアノは昨年12月、郡山青年会議所(JC)が、音楽を愛する市民の輪を広げようと「ドリームピアノ」と称し、同百貨店2階に設置。今年は、同日午後2時からピアノを設置する全国20カ所で毎年行われている3月11日の同時刻に歌を歌い復興へ思いを乗せる「祈りのハーモニープロジェクト」に初めて参加する。コンサートは午後3時から。

 郡山市のコンサートでは、同市出身のシンガー「MITCH―MAN(ミッチマン)」や同市のゆるキャラによる「がくとくんバンド」が演奏を繰り広げる。

 また、沿岸部の2市町や本県の農産業振興を願って、大漁旗に復興への思いをつづる寄せ書きも募集する。

 イベントは午後4時まで。3市町のコンサートの模様は後日、感謝のメッセージとともに、映像にまとめて動画サイト「ユーチューブ」を通じて、全国に発信されるという。

 郡山市でピアノ設置に尽力した同JC前理事長の大槻俊介さん(36)は、プロジェクト参加に向けて「応援されるだけではなく、感謝を伝えたい」と話している。