「散歩道の家」が優秀賞 東北住宅大賞、郡山・佐久間さん受賞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
佐久間さんによる「散歩道の家」

 日本建築家協会東北支部は6日までに、第12回JIA東北住宅大賞2018の審査結果を発表した。県内関係で優秀賞に佐久間宏一さん(郡山市、エアコーポレーション)の「散歩道の家」が選ばれた。

 同作品は家庭菜園を楽しみながら散歩する人との会話を楽しむことができ、同時に住む人のプライバシーが守られる住宅が基本概念。遊歩道側の床を上げて視線を外し、採光や眺望、通風にもこだわった。

 大賞は井上貴詞さん(山形県、井上貴詞建築設計事務所)の「湯守の旅籠」が受賞した。

 表彰式は5月23日に仙台市で開かれるJIA東北支部建築家フォーラムの席上、行われる。