船引・壁谷さん優勝 田村市長おすすめ米コンテスト、各地でPR

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本田市長から「おすすめ米」の認定を受けた壁谷さん(左)

 第1回田村市長おすすめ米コンテストが開かれ、同市船引町の壁谷和夫さん(56)が優勝した。市は、壁谷さんの米を各地でPRすることで、市産米のブランド化や「売れる米づくり」を目指す。

 コンテストには、JA福島さくらが開いた「たむら米 味自慢コンテスト」のうち、1、2次審査を通過した市内の農家5人が出品。本田仁一市長や外部有識者の「お米マイスター」が審査した。壁谷さんが作るコシヒカリには「厳選 田村米 福島県田村市長認定」の認証パッケージを付ける。ふるさと納税の返礼品に採用したり、東京の物産イベントで弁当にして販売し、市産米を幅広くPRする。

 あぶくま洞やスカイパレスときわ、星の村ふれあい館など、市内の観光施設でも取り扱う予定。

 表彰式は6日、市役所で開かれ、壁谷さんは「田村の米がおいしいということを多くの人に知ってほしい」と意欲を燃やした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区