寒くないよ!福島でツバメ2羽『越冬』 春飛来する夏鳥だけど

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
民家の軒先にある古巣で越冬するツバメ=福島市渡利

 福島市渡利でツバメ2羽が越冬しているのが見つかった。ツバメは春に飛来する夏鳥。繁殖して秋になると南国に去っていくのが通常で、福島市小鳥の森のレンジャー細井俊宏さんによると、県内で越冬した個体の記録はないという。

 日本野鳥の会の会員が昨年11月ごろから、阿武隈川に架かる大仏橋周辺で飛んでいるツバメを目撃、今年に入ってもその姿を確認した。その後、同市渡利の民家にある古巣をねぐらにしていることが分かった。

 細井さんは「この冬は比較的暖かく、ユスリカが水辺周辺で多く発生しているため、食べ物に困らないからではないか」と推測している。