「福島医大」合格!医学部67人 前期日程、福島と福島東各2人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島医大は8日、一般入試前期日程の合格者を発表した。医学部に67人(前年比3人減)、看護学部に43人(同1人減)が合格し、県内は医学部8人(同1人増)、看護学部は28人(同4人増)だった。

 医学部の県内合格者は2月に発表された推薦入試と合わせて39人(同1人増)となった。前期合格者の内訳は、一般枠が42人(同3人減)、「県緊急医師確保修学資金」の貸与を受けて卒業後に県内の公的医療機関に勤務する地域枠が前年と同じ25人で、実質倍率は4.6倍(前年比0・8ポイント増)。看護学部前期の実質倍率は2.9倍(同0.1ポイント減)だった。

 福島民友新聞社の調べによると、8日午後5時現在の県内の主な高校の医学部一般入試前期の合格者は福島と福島東が各既卒2人。最終的な合格者数は変わる可能性がある。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補