福島・西沢書店に「伊藤若冲コーナー」 解説本など20種類並ぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「若冲展」の盛り上げへ設置されたコーナー=福島市・西沢書店大町店

 福島市の県庁近くにある西沢書店大町店は8日、「東日本大震災復興祈念 伊藤若冲(じゃくちゅう)展」(26日~5月6日、県立美術館)の開幕を前に、若冲に関する書籍を集めた特設コーナーを設けた。同店の担当者は「"若冲熱"が高まれば」とPRしている。

 作品集や解説本に加え、DVD、ポストカードなど約20種類をそろえた。若冲の生涯を、史実を基に小説化した澤田瞳子(とうこ)著の「若冲」や、若冲研究の第一人者とされる佐藤康宏著の「若冲伝」、6年前に県内で開催された若冲展で人気だった別冊宝島出版のガイドブックも並ぶ。特設コーナーは5月上旬まで設置予定。

 「前売り券」販売中

 発売中の「若冲展」の前売り券は、いずれも税込みで一般1300円、学生900円で、高校生以下は無料。県立美術館や各プレイガイドのほか、福島民友新聞社の本社、郡山総支社、いわき支社、若松支社、福島民友新聞各販売店などで扱っている。

 会期中は月曜日が休館だが、4月29日と5月6日は開館する。「若冲展」は福島民友新聞社などでつくる実行委員会の主催。
 問い合わせは県立美術館(電話024・531・5511)へ。公式ホームページ(http://jakuchu.org/)も開設している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補