クリオネの「新種」見つけて アクアマリンふくしまで展示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
クリオネ(上)とダルマハダカカメガイ

 いわき市のアクアマリンふくしまは6日、クリオネ(ハダカカメガイ)の新種「ダルマハダカカメガイ」1匹の展示を開始した。クリオネ200匹と一緒に展示しており、貴重な1匹探しが話題になっている。

 ダルマハダカカメガイは2016(平成28)年にハダカカメガイ属で100年ぶりの新種と認定された。2センチほどのクリオネよりも小型でズングリとしていて「ダルマ型」、尾部がもりのような形をしているという。同施設では初展示。

 同施設が2月末に実施した北海道知床羅臼沖の潜水調査で採集したクリオネの中に含まれていた。同施設は「特徴があるので見つけやすい。200匹の中からぜひ見つけてほしい」と話している。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補