古里の鎮魂と再生願う「光のモニュメント」 浪江でイベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
古里の鎮魂と再生の願いを込めた光のモニュメント=9日午後8時35分ごろ、浪江町・なみえ創成小・中

 古里の鎮魂と再生の願いを光に込めるイベントが9日、福島県浪江町で始まった。3回目の今回は特別編として、昨年春に開校した同町のなみえ創成小・中を会場に3本のサーチライトで夜空を照らし、訪れた人たちが光に鎮魂の祈りをささげた。

 南相馬市合併前の旧原町市のシンボルだった、高さ約200メートルの原町無線塔を光で再現するイベント。10日に南相馬市内5カ所にサーチライトを設置し点灯、翌11日にはかつての原町無線塔があった高見公園で5本の光を集め無線塔を再現する。

 12日は特別編として飯舘村で明かりをともし、光のモニュメントから復興への強い決意と鎮魂と再生の願いを発信する。

 10~12日は午後6時30分ごろから点灯予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補